jQueryのflatpickrをVBAで攻略する第1回 カレンダー入力flatpickrを起動しよう

こんちには、私、最近、投資信託を始めました。投資信託には基準価額のチェックが大切ですよね。基準価額のデータは各証券会社で公表されています。このデータの抽出を自動化できないか。ということで、これから5回にわたりYahoo!ファイナンスの時系列ページから任意の日付の基準価額を抽出する方法を検討してみたいと思います。

さて、手動の場合はどうやっているかというと、自至双方の日付欄に検索したい日付をカレンダー上からマウスクリックして入力、次に表示ボタンをクリックして抽出します。これをVBAでトレースします。日付入力欄に直接日付を入力すればと簡単に考えていたのですが、どっこい日付欄は直接入力ができないだけでなく、ページの仕様を見ると、日付欄はテキストボックスではないのです。もちろん隠れたテキストボックスもありません。

ん~ん、これは大変だけどやってみよう!ということで、いきなり始まりましたシリーズですが、今日は第1回「カレンダー入力flatpickrを起動しよう」です。

これは簡単です。下記の通り、日付欄にフォーカスをあてればよいのです。

VBA
Dim srchbtn As Object
'自はhistoryTermFromDate、至はhistoryTermToDate
Set srchbtn = objIE.document.getElementById("historyTermFromDate")
'フォーカスON flatpickrカレンダー起動
srchbtn.Focus
'フォーカスOFF
srchbtn.Blur

上記とは別に次回以降で説明するマウスイベントのmousedownを使う方法もありますが、flatpickrを起動させるだけならフォーカスの方が手っ取り早いです。では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント