ダブルクリックでExcelファイルが開かない

私のノートパソコン(Windows10 64bit・Excel2013 32bit)のExcelが急にダブルクリックしてもExcelが空白で起動するだけでファイルが開けない状況が発生しました。

回避方法としては一般的には次の二つの方法が述べられています
方法1 : Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視するのチェックを外す
※ Excel の [ファイル] タブ > [オプション] > [詳細設定] > [Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] にチェックが入っていたらチェックを外す手順です
方法2 : Office 修復 (クイック修復) を試す
※ コントロールパネル> プログラム > プログラムと機能 > Microsoft Office Professional 2013 ja-jp > 右クリック > 変更 > クイック修復を選択する手順です。

ただ、私のパソコンではこの不具合は解消されませんでした。そこで私は以前から気になっていたことを疑って調べたところ、ピンポンでした。それは何かというと、分析ツール・分析ツールVBAの両アドインを外すことでした。実際、難なくファイルが開きました。

なぜ、ピーンと来たかというと、実は別のノートパソコンで初めてインストールしたOfficeでExcelが起動できなくなったことがあったからでした。何が違うかというと、インストールしたOffice/Excelが64bit版だった点です。

何度再インストールしても64bit版の方は分析アドインをセットした時点で起動できなくなったのでした。32bit版、そう今回起動できなくなったノートパソコンの方ではその時は異常はなかったのです。それが今になって同じことになりました。今このアドインにチェックが入っていても問題ないのは、Windows10 32bit・Excel 32bitのコンビだけです。

なんともおそるべし、分析アドイン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント